地味にお役に立てそうな情報を真面目にHPとして書いてみました。

管理人が調べた情報を大好評な子供の歯並びを悪くする例の紹介ページ。

とっておきの情報をかなり苦労しながら書いた絶対に役に立つサイトです。

子供の歯並びを悪くする例

①よく噛まないで早く飲み込んでしまう。

子供にありがちなことですが、しっかり噛まずに食べものを飲み込んでしまう行為。これはてても良くないです。まず、よく噛まないことによりあごの発達に影響がでることが考えられます。あごが正常に発達しきれなくて永久歯が生えてきたときに歯並びが崩れてしまうことが大いにあるのです。また、よく噛まないと唾液が出ないため虫歯になりやすくなることがあります。唾液には虫歯菌の増殖を防ぐ成分があります。それが出ないまま歯垢がたまっていくと虫歯になりやすい口内状態になります。さらに、よく噛まないと消化不良を起こしてしまうことも考えられます。このように噛む習慣は子供のころからしっかり教育して、正しい健康知識を身につけさせてください。

②口呼吸は注意して辞めさせる

いつも口を開けた状態でいると、歯をくちびるで押さえる力が弱くなってしまいます。その結果、舌で前歯を押すようになったりするためいわゆる出っ歯の原因になるともいわれています。また、歯並びとは関係ありませんが、口が半開きの状態だと口内が乾燥してしまい歯ぐきの炎症を引き起こしやすくなり、歯の病気にかかりやすくなってしまいます

③頬づえをつくことを注意する

授業中等どうしても子供はやってしまうもの。軽くやるのならいいのですが、ずっと頬づえばかり付いていると、下あごばかりに圧力がかかるため、咬み合わせが悪くなったり、下あごを歪めることにつながる恐れがあります。"

Copyright © 矯正しないためのコツ All Rights Reserved.